DVD Decrypterの使い方 IFOモード編

今回はDVD Decrypterの使い方、 IFOモード について説明します。

IFOモードとは・・・
好きなチャプターを選んでバックアップコピーしたい時 に有効なモードです!
お気に入り部分のチャプターのみコピーしたい時などに重宝します。


①IFOモードを選択

decrypter_t7

DVD Decrypterメインメニューの「モード」から「IFO」を選択してクリックします。
キーボードの「 I 」キーからも「IFO」モードを呼び出す事が可能です。


②入力元・出力先の指定と確認

decrypter_t8

入力元:コピー元DVDが入っているドライブを指定
    光学ドライブがひとつの場合にはデフォルトでOKです。

出力先:コピー後のデータの保存先を指定
    出力先に指定するフォルダ(ドライブ)の空き容量に注意!
    コピー元のDVDサイズの2倍以上は空きがあると好ましいです。


③チャプターの指定・選択

decrypter_t9

入力欄からVTSの選択や希望のチャプターのみ選んでバックアップが可能です。
ちなみにこちら画面では、チャプター3のみ選択した状態です。
このようにIFOモードでは
欲しい箇所のチェックを入れて好きなチャプターだけコピーする事ができます。

選択後、スタートボタンをクリックすれば「FILEモード」同様コピーが始まり、
指定した出力先フォルダへビデオファイルが完成します。


いかがでしたか。
次はDVD Decrypterの使い方 ISOモードについて紹介します。

Comments are closed.